埋没法、目頭切開法、涙袋形成、貴女の目を劇的に変える目の整形

2つくくり

アイプチの欠点

一重の方の夢は共通して、「二重まぶたが欲しい」ということでしょう。
しかし、二重まぶたを形成するには、目の整形をしなければなりません。目の整形をすれば、生まれもっての自分の顔が変わってしまいます。
生まれもっての自分の顔が変わってしまうことにより、いざ目の整形にチャレンジできないという方も多いでしょう。
そんな方の中には、一重の目を化粧品によって細工している方も多いと思います。

世の中には、二重を形成する化粧品が沢山販売されています。
その代表がアイプチです。アイプチは、まぶたの上に塗るのりのことであり、のりでまぶたとまぶたをくっ付けることによって、二重を形成することができます。
のりの位置を工夫すれば、自分好みの幅の二重を形成することもでき、自由自在に二重メイクを楽しむことができます。 価格も、千円から2千円程度で購入することができるので、コストパフォーマンスにも優れています。

しかし、アイプチには幾つかの欠点があります。
まず、アイプチをすると、まぶたが弛みがちになってしまいます。 アイプチでは、まぶたの皮膚と皮膚をはりつけます。皮膚は、強力なノリによって引っ張られてしまうために伸びてしまい、アイプチを取ったすっぴん顔の時に、大きく弛んでしまうのです。
次に、アイプチには皮膚が荒れやすいというデメリットもあります。アイプチのノリの成分は、商品によって様々です。肌にやさしい成分の商品も販売されていますが、そのような商品の中には、粘着性が悪いものもあります。
皮膚同士をくっつけて二重を形成することが何よりも重視されるアイプチ。そのため、多くの方は、皮膚へのダメージよりも粘着性を重視してアイプチを選んでいるようです。
その結果、皮膚が荒れる、ただれるといったトラブルが起こることもあります。皮膚に強力な接着剤を塗るわけですから、皮膚にダメージがないわけがありません。皮膚を健康に保つためには、アイプチは避けたほうが良いといえます。

とはいえ、気軽に二重が形成できることから手放せないのがアイプチです。中には、一生アイプチと付き合っていく覚悟の方もいるでしょう。
しかし、アイプチには上記に述べたような欠点があります。放っておけば、あなたのまぶたは弛んで伸びてしまい、荒れた汚い肌になってしまう可能性もあるのです。
この他、アイプチには、毎日5分から10分の時間がかかる、雨やプールの時に目に水が掛かれば、目が二重から一重に戻ってしまうといったデメリットもあります。
よって、常に目のことを気にしながら毎日を過ごさなくてはならないのです。

そう考えれば、目の整形は非常に楽です。
皮膚が伸びることも、荒れることもありません。目頭切開法や埋没法によって、理想の二重を形成することだってできます。
水を気にする必要もなし、毎日の化粧時間も短縮することができます。
料金も、一生アイプチを買い続けることを考えれば半永久的な二重を手に入れることができると考えれば、自分の人生を大きく変えるほどの変貌を遂げることができると考えれば、そうそう高くは感じないはずです。

気軽に二重を作れるアイプチ。
そんなアイプチにも、いくつかの大きな欠点があるということを知っておきましょう。