埋没法、目頭切開法、涙袋形成、貴女の目を劇的に変える目の整形

眼力

埋没法とは

目頭切開と同様に人気の目の整形として、埋没法があげられます。
埋没法は、皮膚を切開することなく簡単に二重を形成することができます。
そのため、低価格な料金で施術を受けることができ、若い方にも人気があります。
でも、切開せずに二重を形成するなんて、一体どんな方法で施術を行うのか不思議じゃありませんか?
埋没法は、切開しない代わりに、糸を使用します。医療用のナイロン糸を皮膚の中へ埋め込み、二重を形成するのです。

近年、巷でメザイクが流行っているのをご存知でしょうか?
メザイクは、細い糸をまぶたに食い込ませて使用する二重形成化粧品です。
埋没法は、半永久的なメザイクと思って下さい。

埋没法では、まぶたの中に医療用のナイロン糸を埋め込んで、筋肉と結びつけます。
そして、理想の二重ラインを形成します。そのため、メスで切開せずとも二重ラインを形成することができるのです。
なお、埋没法は、美容外科によってはクイック法とも呼ばれています。手術後のアフターケアも殆ど要らないので、仕事をそんなに休むことができないという方にもオススメです。
また、施術自体も10分程度で終了するので、手術の負担も小さいです。
そして、埋没法最大のメリットは、目の整形なのにやり直しが利くという点です。
従来の目の整形手術では、メスを使って皮膚の切除を行うことが殆どでした。
しかし、埋没法は切らない目の整形法なので、失敗した際、二重の幅を変えたくなった際にも、やり直しをすることができるのです。
よって、整形手術に対して、顔を元に戻せなくなる不安を抱えている方にはピッタリの方法だといえます。

とはいえ、埋没法は、誰でも挑戦できる目の整形術とはいえません。
中には、埋没法では理想の二重ラインを作ることができない方もいます。
まぶたが腫れぼったい方、目がくぼんでいる方、目の筋肉が弱い方、アトピーなどで肌が弱い方、目をよく擦る方、幅の広い二重を作りたいという方には、不向きな施術です。
上記に該当する方は、糸を埋め込んでも、すぐに糸が剥がれてしまったり、まぶたの厚みによって綺麗に糸が食い込まないのです。

しかし、目頭切開法といった他の目の整形術と組み合わせることにより、埋没法を施術できるケースもあります。
目の整形で埋没法を試したいという方は、一度、医師とのカウンセリングで埋没法が可能であるか相談するようにしましょう。